teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:まお  投稿日:2010年10月16日(土)22時53分9秒
返信・引用
  キャッチコピーはおいしさ、幸せをを伝えるということで
「私、甘い幸せはさんでます」に。

・CM 負のはさまれてる(満員電車)→幸せのはさまれてる(ブラン)へ

・サンプリング
場所と時間は前と同じ。はさまれる幸せを味わってもらう為にイケメン起用(向井理、大野拓朗)マリセンボンは今回のキャッチコピーに合わないので変更。
大型ビジョンは廃止
・OOH
 電車でイケメンに挟まれる幸せ→ブランのポスター
はがすと①ブランもらえる or②おみくじ?

・サンプリング第二弾
丸の内朝大学で配布
サロンより朝、ターゲットがぴったり!

すべてモバイルへ誘導
モバイルでは「身近なはさまれてる幸せ」の写真を募集する
例ペットがはさまれてる写真とか
投票してもらいプレゼント(前に挙げた幸せでいいのか??)
 
 

(無題)

 投稿者:まお  投稿日:2010年10月 9日(土)01時09分27秒
返信・引用
  ブラン=おいしい
おいしい=幸せ  から

具体的な案
①サンプリング→幸せをプレゼント(0泊2食、エステなど)→購買??

紹介した人が多い人にプレゼント

②サンプリング→幸せな瞬間の写真を募集→本出版??

共感したものに投票→プレゼント

問題点:ブランと幸せが繋がらない、購買に繋がらない、どちらも朝のイメージがない


・ターゲットが何を求めているのか??

ターゲットは
・忙しい
・疲れてる
・ストレスたまってる
・時間がほしい
・キレイになりたい
・やせたい

⇒頑張りすぎ
  ゆっくりしたい
  くつろぎたい

⇒でもこれは家で??
⇒オフィスで食べるなら求めるものは違うのでは?

オフィスで求めること
・シャキッとしたい
・疲れたくない、元気を長続きさせたい
・効率よく仕事したい
・仕事のモチベーションをあげたい

⇒ここからおいしさをおしていけるのか?

・ブランはおやつというイメージがあるなら、そのままのイメージでもいいのではないか?(朝スイーツみたいな)


具体的な案から、何かおすのかにもどった。
ターゲットが家で求めてるものと、オフィスで求めてるものをはっきりさせる。
その二つとサンプリングから、さらに広い人を購買まで繋げるプロモーションを考えくる。必ず。
くだらなくてもなんでもいいからとにかくあげてみましょう。
 

(無題)

 投稿者:もち  投稿日:2010年10月 7日(木)11時47分23秒
返信・引用
  にしむーのつづき

課題(サンプリングからどうやって購買につなぐか)の解決案としてあがったもの↓

①SNSのコミュニティ→イベントで即時販売(タレントに売ってもらう、1日店長てきな?)

②サンプリングにQR張る→サイト(ブランを食べた人の写真と食べた感想を投稿)→サイト内容を書籍化して売る

書籍化するなら既存の雑種とタイアップするのは?
一般人が出る東京グラフティーとか

②'サンプリングにQR張る→サイト(ブランを食べた人の写真と食べた感想を投稿)→mixiなどで披露

食べた人から広める
③ブランの日を作って、日頃の感謝の意をこめて、会社の上司や同僚にブランを送る(バレンタイン方式)

④バトン式クイズ
たとえばブランに関する簡単なクイズを5問出す。1人1問ずつしか解けないようになってて、自分が解いたら知人へ回す。
5問解いたら、ブランやグッズ(朝関連やマリセンボン)がもらえる。

こんなかんじでした。
 

今日決まったこと

 投稿者:にしむら  投稿日:2010年10月 6日(水)14時25分22秒
返信・引用
  アンケートの結果より、栄養バランス食品に求められてるものは“おいしさ”であり、ブランは“おいしさ”の点で競合に勝っているから、この“おいしさ”を知らない人が知ればブランを選ぶ人が増える。

朝、忙しいときに食べられる“おいしい”ものは限られる。だから、ブランをオフィスで食べられる“おいしい”朝食として、プロモーションする。

ターゲットは、朝食べてない人ではなく、ブランを食べたことがない人のはず。

“おいしさ”を実感してもらう方法としてサンプリングを使うのは弱い。もっと多くの人に食べてもらわなきゃいけない。


課題
サンプリングした後はどうする?購買につなげるために
 

(無題)

 投稿者:まお  投稿日:2010年 9月28日(火)19時35分45秒
返信・引用
  中間発表のまとめ

■良かった点
・リピート率の高さに注目したところ(そこまでの流れも)
・双方向の必要性、朝食のイメージが弱い、おいしさ、手軽さの実感が欠けている点を導いたところ
・サロンでサンプリングは面白い
・モザイクが剥がれおちるのは新鮮
・双方向→SNSはよい
・アメーバでブラン部を作った点
・パワポはきれいで見やすい
・全体的に分析はよくできている

【改善点】あんまりちゃんと別れてないけどごめんなさい。

■分析
・ブランの分析ができていない(ブランが他に勝てる点は?今のプランはどれでもできる)
・競合分析が出来ていない(なぜカロリーメイトが1位か、など。プロモーションだけではない)
・ターゲット分析が不十分
・現状分析が足りない(いつ、誰が、どんな時に食べるのかなど)
・目標を明確に(売上や、カロリーメイトを抜くなど)
・朝食が弱い(サロン=朝はおかしいのでは)
・おいしいの根拠(アンケートの数字)
・今のプロモーションの分析(裏付け)

■論理
・買わない人が買うようになるプロモーションは?
・サンプリングから買わせるまでの誘導がない
・買わない人の理由は?
・媒体利用の根拠(なぜその媒体か?あと、本当に必要か)
・味→サンプリングは安易
・双方向の具体案
・軸がない(おいしさなのか、手軽さなのか?)
・効果を数字で
・朝ラクチンの根拠(何がラクチンなのか、ラクチンを求めているという裏付け?)
・リピート率が高い=おいしいから?
・コンセプトを明確に
・市場分析からターゲット分析へのプロセスが分かりにくい
・おいしい=太るという意識があるのでは?

■発想
・一貫性が無い
・新しさ、インパクトがない
・詰め込みすぎ(媒体を無理に使いすぎ、メインを決めたほうがいいのでは)
・アメーバピグの企業側からのコミュニケーションがうすい、消費者頼み感あり
・マリセンボンでなくてもいいのでは
・手軽に食べれるという例を映像で見れるほうがよい(CM化)
・アメーバを使う意味があるのか?一般人の発信力に疑問
・SNSの先にもう一つ何かあるとよい

■パワポ
・文字量が多いところがある
・フォントなどでさらに見やすくなるのでは

■プレゼン
・抑揚をもっとつけるべき
・スピードが速い
 

(無題)

 投稿者:まお  投稿日:2010年 9月19日(日)01時32分51秒
返信・引用
  プロモーション
①朝食の大切さ、食べてる人と食べてない人の差、朝=ブランを伝えるための広告
 a.にしむー案
+ 途中の駅でサンプリング(話題性重視)
  場所:東京(5か所)、札幌、名古屋、大阪、福岡 横浜?
  東京は平日5日間 後の都市は1日ずつ?
  朝マリセンボン+女性社員(みんなピンクの制服)がQRコードのシール付きのブランを  配る(東京以外はその土地出身の有名人を支店長として起用←やっぱり株式会社にしなき
  ゃ?)

このサンプリングをやりますよ広告は大々的にはやらない。
CMとかでマリセンボンが「○○に出張行かなきゃ」みたいなことをちらっと言うくらい

b.CM(全国的に知らせるため)
C.壁に朝食←はがすとブラン
 この紙にQRコードつけて、その人たちはみんなサンプルが送ってもらえる、はずれなし

*どこかで 田舎の親から娘へブラン は使える

②全国の美容室、ネイルサロンなどでサンプルを配ってもらえるように営業(よりたくさんのひとにおいしさを実感してもらうため)
 このための特別な広告はいらない

③上に書いた、壁のブラン
 L25
 ブラン本体
  この3つにQRコードシールをつけ、そこからHPへとばせる(抽選でブランがあた   る   よ!!)

  双方向、参加型をめざしたやつ
 ・朝食メニューを記録、生活管理ができるコンテンツ
  マリセンボンからアドバイス、登録した人同士で情報共有

 ・ブランの歌、ブランのキャラクター、新しい味(朝食向けのしょっぱい味とか)、パッケージ案を募集→採用された人にはブランプレゼント

  ・Twitterでひたすら地道にコメントを返す
 ・自分専の性格などに合わせたブランを作れる←いいけど難しいかも
 ・amebaピグでマリセンボンなどとコミュニケーションがとれる
  新しいキャラもついか。社長とか部下とか


抜けてたら言ってください。
次回は20日月曜、11時から学館!
それまでに
①広告コンセプト(朝食の要素は絶対入れる。+おいしい、手軽を入れたい・・)
②キャッチコピー(CMとか全部nくっつけるであろう)
 を全員  5こずつ  考えてくる!!

次回はパワポ組とそれ以外(費用調べる組)に分かれて作業します。
3日間は1日中になるかもしれないけどみんなでがんばりましょ!
 

(無題)

 投稿者:@katikomokomo  投稿日:2010年 9月17日(金)17時39分55秒
返信・引用
  今日やったこと
L25や、雑誌などでブランをアピール
QRコードも張り付けちゃいましょ
     ↓
駅構内でサンプリング
・玄米ブースを設置
・普通に配る?
・壁に貼り付ける
また、性別が分からない不特定な消費者に玄米サンプルを試供するのはターゲットが狂うかも・・・そこで
美容室やアパレルなどにブランを送り、お客さんに配ってもらうのが効率かつ、ターゲットにもあっていてGOOD!

そして、双方向のコミュニケーションについて
まずはネットを使うのが手っ取り早い
あとは、株式会社マリセンボンなるものを設立
また、既述したように、L25やブランのQRコードからサイトにGO
      ↓
会員登録してもらう→株券発行→ブランのレビューや新商品のアイデアを出してもらう。その見返りとして、ブランを配送しちゃいます。

以上、自信ないけどしゃしゃり出て書いてみました。毎度迷惑かけてすいません。

次回の課題として、サンプリングを行うまえに、そのサンプリング活動を宣伝する広告がまだ決まってないので、考えてきてください!!

ちなみに甲府うぃる。
 

(無題)

 投稿者:もちづき  投稿日:2010年 9月16日(木)21時03分17秒
返信・引用
  結局私たちがプロモーションでなにを伝えたいか?

①おいしい・手軽・朝=ブラン

②なりたい理想像(充実した生活を送ろう)

⇒結局①だよね

<キャンペーン内容>
「おいしい・手軽・朝」をどう伝えるか

おいしい
→サンプリング(規模は全国?)

手軽

そもそも「手軽」ってなに?①調理いらず
②どこでも食べれる
③素早く食べれる

ターゲットがそもそも時間がなくて食べてない人なんだから、①は言わなくていい。

→あえて「手軽です」と伝える必要はないのでは?



→イメージ付けが重要。
缶コーヒーのモーニングショットを例にすると、
・ネーミング
・朝専用っていうキャッチコピー
・CM表現
などたくさんの「朝」要素がある。
ネーミングはどうしようもないけど、表現の面で朝をおすことは可能。

あとは朝マックのような時間帯で縛りをもうける。

<キャンペーンの流れ>
OOH→第一弾サンプリング→双方向性コンテンツ→第二弾サンプリング

・OOH
前に言ってた朝食の良さをいう

・第一弾サンプリング

普通に配る
or
イケメンがベッドタウンではパジャマ着て、オフィス街ではスーツ着て、サンプル配る

話題性って必要なのかという話に…
今まで普通にしかやってきてないから、なにかしらやった方がいいのでは?


・双方向性コンテンツ
ツイッターで考えたけど思い付かない

ウェブサイトで株式会社マリセンボンを立ち上げて、参加型のなにかをやる
(第ニ弾サンプリングの場所を投票してもらって、一番投票の多かったとこにサンプリングしにいくとかの内容)

ウェブサイトへの誘導は前に言ってた壁にQRコードの紙を貼付けたり、CMの最後で告知したり。


・第ニ弾サンプリング
ハリセンボンからの芸人の流れで、次長課長に「おまえに食わせる朝食はコレしかねぇ!」と言いながら、ブランを配ってもらう。
↑完全にノリです

いろいろ忘れてるかもなので、付け足しよろしくお願いします。
 

(無題)

 投稿者:稲田  投稿日:2010年 9月15日(水)22時55分57秒
返信・引用 編集済
  今日やったこと

・ターゲットに関して。
20代~30代の女性有職者のうち、毎日必ず朝食を食べる人は37%。約6割の人は休日を除いた5日間のうち朝食を食べることができない日がある。つまり、全く朝食を食べないか、平日のうち1日~4日朝食を食べていない。
その6割の人をコアターゲットとして設定し、毎日とはいかなくても忙しくて朝食を食べられなかった日はブランを食べてもらうようにする。
サブターゲットは、「ご飯やパン、ヨーグルトなど朝食は取っているけれど簡単に済ませている人」に設定。

・キャンペーンに関して
サンプリングをするにしても、いかに朝たべてもらうかが最大のポイント。「朝食」であることを伝えると同時に「おいしさ」も実感してほしい。
朝マリセンボンが会社に行ってブランを配る
ブランの自販機を会社に設置してもらう
勝手に会社に送る
などの意見が出ました。

昨日の、マリセンボン株式会社の案は、面白いけども、朝余裕ない人に早起きして来てもらえるほどのコンテンツを用意しないと難しい。それに今の案だと、「おいしくて手軽な朝食」という伝えたいメッセージからすこしズレてしまうのではないか。

ただ、最後話しに出たのは、「おいしくて手軽な朝食であるということ」を伝えるのを考える以上に、「おいしくて手軽な朝食を食べることを通して、どんな未来をターゲットに見せられるのか」を考えていけば面白いことできるんじゃないかということ。
朝ブランを買う人は、ブランを食べて、結局のところどうなりたいのか。
そのひとつの案が、「充実した、余裕のある朝をおくること」。
でも、他にもたとえば「仕事のデキる女になる」ことかもしれない。(朝食を食べると仕事の効率や集中力が上がるというデータがある)
あるいは「健康になる」とか「内面から美しくなる」ことかもしれない。
こういうところから出発して考えれば、プロモーションのアイディアも出しやすくなるのでは。(実際サンプリングするなら、マリセンボン株式会社みたいな大々的なものがいいとも思う)

でも、これだとまたズレてしまってるのかな?
 

(無題)

 投稿者:植松  投稿日:2010年 9月14日(火)19時56分19秒
返信・引用
  今日やったこと

【現状分析など論理的な点】
カロリーメイト、ソイジョイは広告で伝えたいこと(広告コンセぷト)と、消費者ターゲットによる商品のイメージが一致している。
一方ブランは広告で伝えたいことと実際のイメージが一致していない。※特においしさ、ブラン=朝食である、といった点で

→ブラン=朝食&おいしさをもっと強調し、カロリーメイト、ソイジョイとの差別化をはかる!
→→手軽、栄養バランス、おいしさといった面をおしてパン、ごはんなどの朝食を食べている人にもアピールする!



【具体的なぷロモーション案】
マリセンボン株式会社を立ち上げる!
《コンセぷト》充実した、余裕のある女性の朝を支援する会社です。


①メイクバージョン
オフィス街のテナント、イベントスペースを借りる。
・そこでぷロの人にメイクしてもらうorワンポイントアドバイスをもらえる。
・アロマ
などなど女性が朝やりたくてもできていないことをやってもらう。

時間は平日の朝7:00~9:00あるいは10:00くらいまで。
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡と週ごとに場所を移動していく。

CM、OOH雑誌などを使って前もってイベントを告知

イベント当日はイベント行う駅周辺でスーツを着込んだイケメン社員たちがサンぷルとメイクなどのサービスの割引券、地図などを渡す。(株主優待券風)

イベントの待ち時間ができたらイベントスペースに用意されているテーブルセット(社員食堂風)に座って朝食としてブランを食べてもらう。この時にモーニングコーヒーなどをサービスする。

キャンペーン期間終了後はWebでメイクなどの動画配信して朝の生活をサポートする。


②お笑いバージョン
基本的な流れは上記の通り
イベントスペースでイスに座ってブランを食べながらお笑いライブをみる。
朝から笑顔になってもらい、余裕のある朝を!

各地のイベント初日or最終日にはマリセンボンにネタをやってもらう。

サンぷルと同時に入場券を配る感じ



③イベントスペースでブランで朝食をとりながらゆっくりとくつろいでもらう!

リラックスできる音楽、アロマを用意

あるいはカフェとコラボする。
店にブランのサンぷルが置いてある。
コラボするカフェの周辺でコーヒーの割引券を配る。



長文かつ分かりにくい文章になってしまって申し訳ないです
 

レンタル掲示板
/3