teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


6月最後の日曜日…

 投稿者:ミルトマップ  投稿日:2017年 6月25日(日)18時15分29秒 p2006-ipad409sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  予報を上回る激しい雨(ヘビーで完璧なIMC)にもかかわらず、
トラクターの整備と新らしく届いたパラシュートの整備と書類棚設置の為に、3人が滑空場の門(…!?)を開けた。

家内制手工業よろしく、引っ張り出した古いパラシュートも整備し直し、再使用に備える。
 
 

6月18日活動報告

 投稿者:ミルトマップ  投稿日:2017年 6月18日(日)20時54分27秒 p3048-ipad507sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  新篠津滑空場の頭上には、突き抜けた完璧な青空が広がり、会長を含め10名が集合。

10~15ノットの息をつく南風は、時折20ノットのガストを伴い、サーマルには恵まれませんでしたが、
会員:訓練生は、強風下に要求される着陸操作を意識してフライトを行いました。

ファルケは、コックピット・ワークとタキシング訓練を実施。

大賑わいの体験搭乗を担当された「IT教官」「FKさん」お疲れ様でした。

 

スーパーファルケ新篠津へ

 投稿者:ミルトマップ  投稿日:2017年 6月17日(土)22時25分18秒 p3013-ipad509sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  遂に、スーパーファルケは富良野盆地を飛び立ち、新篠津滑空場に降り立ちました。

フェリーパイロットの大任を成し遂げられた「WD教官」ナビゲーターの「OYさん」、本当にご苦労様でした。
そして、出発前の慣熟訓練を引き受けて戴いた「OKさん」快く送り出していただいた「NDさん」、本当に有難うございました。

やっと足がかりを得たばかりですが、「もっと自由で楽しい空を、もっともっと沢山の人に…」のテーマ実現に向け、
札幌航空協会「ファルケ会」は飛び立ちます。
 

まさか飛べるとは・・・

 投稿者:ひろさん  投稿日:2017年 6月12日(月)11時45分52秒 i114-181-14-44.s05.a001.ap.plala.or.jp
返信・引用
  11日は千歳→小雨、北広島→雨、江別→大雨!と、新篠津に近づくにつれて雨が強く降る中、久しぶりの日曜休みなので機体だけでも拝んでおこうと滑空場へ行って見たら、機体の格納作業中に晴れてきてまさか飛べるとは思いませんでした。  

6月11日活動報告

 投稿者:ミルトマップ  投稿日:2017年 6月11日(日)20時56分8秒 p4121-ipad404sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  フライトは殆ど絶望的な色を失った空の下にも、7名が集合しました。

登録抹消機を分解し格納庫奥に収納、ニューフェイス受け入れの準備が、少しづつ整います。

早朝からトラクター(草刈)に乗っていたSMさんへのご褒美だろうか、正午にはところどころに青空が顔を出す。

再び鉛色が空を覆い雨が降り出すまでのわずかな時間に、HNさんの技能審査フライトや体験搭乗を含め7発の運航。
 

6月4日

 投稿者:ミルトマップ  投稿日:2017年 6月 4日(日)17時24分37秒 p1220-ipad505sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  先週(5月28日)は11名が集合し、SZD-51-1 ジュニアの耐空検査準備:計測作業を実施。
作業後に「100K」を運行するが、低くなってくる一方のシーリングに、6発で早々に撤収。

本日(6月4日)はVMCの見込み無く、集合前に運行中止が決定されました。

ファルケ会は「美瑛」との協議を通じ、6月中のフェリーを目指して慣熟訓練の日程を調整しています。


 

28日:ファルケ会

 投稿者:ミルトマップ  投稿日:2017年 5月26日(金)00時49分24秒 p4223-ipad206sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  28日運行後に、モーターグライダーの運用方法について、協議を実施します。

年間搭乗メンバー:(仮称)「ファルケ会」へ参加の是非に限らず、広範な意見を結集したいと思います。

運行撤収後でも構いませんので、是非時間を作ってご参加ください。
 

5月21日活動報告

 投稿者:ミルトマップ  投稿日:2017年 5月21日(日)17時22分0秒 p4251-ipad408sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  6名が集結し、SJさんWDさんが今季初フライトを達成。

体験搭乗3名の後、会長:今季初フライトのベースターン前方に稲妻を視認。雷雲の接近に伴い、午前中の撤収となりました。

撤収後のクラブハウスには、FJ顧問も久しぶりに来場し、多岐にわたる話題に花が咲きました。
 

5月14日活動報告

 投稿者:ミルトマップ  投稿日:2017年 5月14日(日)20時55分41秒 p4253-ipad402sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  小雨の予報にも、8名が参集。
特に一日中フライトを横目に、重機を用いての着陸帯:側溝整備をやって戴いた「SJ施設部長」ご苦労様でした:有難うございました。

正対ながらも20ノットを超えるガストに、微妙なウィンチ操作が要求される、難しいコンディションでしたが、
帯広帰りから直接駆けつけた「IT教官」の元、5名が今期の初フライトを達成しました。
 

5月7日:New100K デビュー

 投稿者:ミルトマップ  投稿日:2017年 5月 7日(日)21時35分39秒 p2042-ipad407sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  新装なったASK-13「JA100K」が、遂に新篠津の空に舞い上がりました。

運用規定ギリギリの条件でしたが、わがクラブの誇るベテラン・エキスパートパイロットは、ショートファイナルの下降気流やガストをものともせず、
テストフライトと耐空検査フライトを見事な安定感で成功させました。

フライト後の「定期総会」には、会長をはじめ13名が参加し、今期取り組む新たな課題を中心に活発な議論が交わされました。
参加が適わなかった会員の皆さんには、資料を郵送します。

その後も、機体の一部補修作業・クラブハウスの修理清掃作業に汗を流していただいた皆さん、
本当にご苦労さまでした。
 

5月3日~4日

 投稿者:ミルトマップ  投稿日:2017年 5月 4日(木)20時10分46秒 p4114-ipad508sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  ASK-13「JA100K」は半年かけた化粧直しを終え、石狩川を渡って「マザーポート:新篠津滑空場」へ、帰ってきました。

組立・最終調整・計測に、予定以上の時間がかかったため、当初予定の「総会:開催」を7日に変更します。
尚、7日(日)は耐空検査が予定されているので、状況によっては「総会:開催」の予備日を翌週14日(日)に設定します。

度々の変更で申し訳ありませんが、新装なった我が主力練習機の晴れ舞台に、多数参集されますよう…。

 

4月30日:作業最終日

 投稿者:ミルトマップ  投稿日:2017年 4月30日(日)23時07分40秒 p1076-ipad506sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  作業場の外では、風と雨が嵐の様相の最終日、8名が参集。
5月3日の搬入を控え、動翼の取り付け等、暗くなるまでかかり最終調整。
 

4月29日:ラストスパート

 投稿者:ミルトマップ  投稿日:2017年 4月29日(土)21時31分53秒 p2067-ipad302sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  ASK-13「JA100K」のオーバーホール作業は、主翼の登録記号も入り、いよいよラストスパートです。

ラダー・翼端・JAナンバーの色は、落ち着いた「ディープブルー」になりました。
5月3日の滑空場デビューをお楽しみに…。
 

Re: しんしのつ滑空場

 投稿者:SS  投稿日:2017年 4月24日(月)00時40分18秒 p2040-ipbf1005sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  > No.292[元記事へ]

前回写真のアップがうまくできていませんでした。
夕暮れ後で不明瞭ですが、4月23日の写真です。
 

4月23日:作業進捗&予定

 投稿者:ミルトマップ  投稿日:2017年 4月23日(日)20時21分48秒 p1239-ipad507sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  22日に5名・23日には8名が参集し、最終段階の作業に取り組みました。

果てしない道のりに思えたASK-13のオーバーホールも、いよいよ作業の完了を予定表に書き込む段階にたどり着き、
SJさんの卓越した塗装技術で主翼は新造の輝きを取り戻し、重量計測も実施されました。

以後、来週からの予定をお知らせしますので、会員各位は新年度の意気込みを持ってご参集ください。

4月29日(土)ASK-13オーバーホール作業
4月30日(日)作業:最終確認

5月3日(祝)ASK-13:滑空場へ運搬―組立
5月4日(祝)運行準備・定期総会

5月7日(日)ASK-13:耐空検査
 

しんしのつ滑空場

 投稿者:SS  投稿日:2017年 4月17日(月)00時49分46秒 p2040-ipbf1005sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
   日曜日の午後、新篠津温泉から篠津運河の取水堰まで石狩川の堤防をスロージョギングしてきました。しんしのつ滑空場の様子写真をアップします。
 周辺の雪はすっかり消えて、しんしのつ滑空場はいつでも今シーズンの初フライト可能な状態でした。昨年と同様に、北側水門へのアクセス道の両側に高い除雪標識が残されていること、例によって北側ピスト前にやや大きな水たまりができていることなどが要対応でしょうか。
 まずは佳境になっているASK13のメンテナンス作業をしっかり終えることですね。
 

4月15~16日作業進捗

 投稿者:ミルトマップ  投稿日:2017年 4月17日(月)00時06分26秒 p4031-ipad508sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  我が主力練習機「ASK-13」のオーバーホール作業には、15日・5名~16日・8名が参加。
主翼の下塗り・胴体の羽布張りにかかり、何とかゴールの見える処までたどり着きました。
 

Re: Flight to RJCH by HAC(PIC:IM)

 投稿者:IM  投稿日:2017年 4月16日(日)23時28分32秒 i121-113-237-204.s05.a001.ap.plala.or.jp
返信・引用
  > No.289[元記事へ]

szさん
記念ご旅行に 御乗りいただきまして とても嬉しかったです。ありがとうございました!
もっといいお天気でしたらよかったのに! でもあんな雲と揺れの天候の中でも、機窓から鹿部飛行場をみつけてくださっていたんですね すごいです!
写真ありがとうございまーす!保存しますね(笑)






 

Flight to RJCH by HAC(PIC:IM)

 投稿者:ミルトマップ  投稿日:2017年 4月11日(火)19時24分59秒 p3158-ipad409sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用 編集済
  4月8日、PIC:IMさんのサーブ340で、函館へ行って来ました。

巡航12000ftは、オーバーキャストの低層雲と高層雲の狭間を縫うフライトでしたが、
噴火湾を渡り切った時点の鹿部飛行場は、はっきり視認できました。

R/w12に強い南風でしたが、不安を感じさせない着陸は流石ですね。

IMさん、「メッセージ・カード」有難うございます。流暢な機内アナウンスも、お見事でした。
皆さんも搭乗スケジュールを確認して、是非一度 HAC便を利用しては如何ですか。

 

作業台作りました。

 投稿者:ミルトマップ  投稿日:2017年 4月 6日(木)21時07分42秒 p3159-ipad506sapodori.hokkaido.ocn.ne.jp
返信・引用
  今週末、参加できないので、簡易作業台を作りASK-ReBornガレージに設置しました。
尚:8日(土)はIMさんがPICのHAC便で函館に行ってきます。土産話をお楽しみに…。
 

レンタル掲示板
/15