teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(10)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:山城守  投稿日:2020年 5月30日(土)09時26分5秒
返信・引用 編集済
  木下藤君。
国会での乱闘騒ぎを再現する時は当時の騒然とした雰囲気が出た方が良いですよね。
木下藤君お得意の影分身を使えば、「委員長、委員長。」「異議なし」「賛成」「休憩休憩」と一度に言えて当時の喧騒を再現できますよ。「その他発言する者多し」のその他の発言をどう再現するかですが、そこは昭和30年7月31日参議院議院運営委員会での議員等の証言を元に再現するとおよそこうなります。「委員長どうして発言を許しませんか」(https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=102214024X00119550731&spkNum=30¤t=5 第22回国会 参議院 議院運営委員会 閉会後第1号 昭和30年7月31日 028 矢嶋三義)、「これを議
 事法からいって先議して下さい」(出典同じ)、「委員長、議事法からいりて先議していだかなきやならぬ」(出典同じ)「この案件は委員長ぜひやっていただかにやならぬ。退場してはいかぬ、やっていただかにやならぬ。事務総長にも、そういうふうに補佐すべきである」(出典同じ)「諸腰やめなさい、そんなことを何でやるのだ」(同029 河井彌八)

国会での事件を再現するのに重宝する会議録。選挙の時投票先を決するのに参考になる会議録。
会議録大好き。会議録大好き。はい、復唱!

あと、閑話回たまには国会風のネタが欲しいです。
例えば左のような
黒田つかさ君:明智光君から正規の賛成者を得て木下藤君を懲罰委員会に付するの動議が提出されています。提出者の趣旨弁明を許します。明智光君。
明智光君:(登壇)木下藤君に対し懲罰動議を提出します。その理由を説明します。議院の権能である国政調査権の勉強会の時であります。木下藤君は東京地裁昭和55年7月24日判決を検討した際、同君は「先にまとめたなら、この判例検討せんくても、よかったんじゃね?」(http://lawproject.starfree.jp/kenpousouron/kenpouhanrei177.html)と言い、私が「誰かさんのせいで、なんだか今日は疲れちゃったけどね! 」(http://lawproject.starfree.jp/kenpousouron/kenpousouron21.html)と言うと、同君は「ちょっと、ちょっとぉ。
ナカたんの悪口言うのは、やめてくれないかなぁ?」と言ったのであります。そうして同君は竹中半君へ責任を転嫁したのであります。
これらの行為は懲罰事由に当たること明々白々であります。
黒田つかさ君:木下藤君から一身上の弁明の申し出がありますので許可します。木下藤君。
木下藤君:(登壇):明智光君は私に対し「厭味よ!
バカサルっ!!」(http://lawproject.starfree.jp/kenpousouron/kenpouhanrei177.html)、「死ねっ!!! 」(http://lawproject.starfree.jp/kenpousouron/kenpousouron21.html)、「「少し」じゃ全然足りないから!
「死ぬ程」反省してきなさい! 」という暴言を繰り返しました。(黒田つかさ君が「そうだそうだ。」と呼び、竹中半君が「議長が議員の発言中賛否を表明するような発言するのはおかしいです。」と言う。黒田つかさ君は「本当のこと言ってなにが悪い」と呼び、竹中半君が「公平な議事運営が議長の務めです。そのような行為は許されないです。」と発言。両者の言い争いのため議場騒然)このような行為こそ懲罰に付すべきでありましょう。私はこの不当な懲罰動議に怒りを以て反対いたします。
黒田つかさ君:先例により木下藤君を懲罰委員会に付するの動議は討論を用いないで直ちに採決します。本動議に賛成の諸君の起立を求めます。
(明智光君、竹中半君起立)
黒田つかさ君:起立総員。よって、不本意ながら本動議は可決されました。次に、懲罰の内容について審査します。
竹中半君:ぎちょーーーーー!
黒田つかさ君:竹中半君。
竹中半君:議長黒田つかさ君の解任決議案を提出しまーーーす。
黒田つかさ君:ただ今、竹中半君から議長解任決議案が提出されました。本決議案は私の一身に関わりますので、この際議長席を木下藤君に譲ります。
(黒田つかさ君退席)(木下藤君議長席に着く)
木下藤君:それでは、議長黒田つかさ君解任決議案を議題とします。提出者の趣旨弁明を許します。竹中半君。
竹中半君:本院は議長黒田つかさ君を解任する。右決議す。その理由を説明します。そもそも議長の職責は議事の公平かつ円滑な運営にあります。しかるに、黒田つかさ君は先刻木下藤君が一身上の弁明をしている際、「そうだそうだ。」と賛意を示す言葉を議長席から掛けました。さらに、それを私が指摘すると、「本当のこと言って何が悪いと言いました。これは明らかに議長として公平な議事を進めようという職責を放棄した物です。このような人間を議長としてその責に置くことは断じて許されません。(明智光君から「その通り」と呼ぶ声)以上を以て趣旨弁明を終わります。ご清聴ありがとうございました。
木下藤君:次に討論に移ります。
(「なし」と呼ぶ声)
木下藤君:意見もないようなので採決に移ります。議長黒田つかさ君解任決議案に賛成の諸君の起立を求めます。
(明智光君、竹中半君ともに起立)
木下藤君:起立総員。よって、本決議案は可決されました。
これより議長を選任します。投票は記名投票です。
(投票中)
投票結果を発表します。
木下藤君1票
黒田つかさ君1票
竹中半君1票
みぎの結果、くじ引きで議長を決する運びとなりました。
(くじ引きの結果、竹中半君が議長に当選)
竹中半君:それでは、ただ今から懸案の木下藤君に対する懲罰の内容を議題とします。木下藤君にはご退席願います。
(木下藤君退席)
竹中半君:では、木下藤君に対する懲罰として意見のある方。
明智光君:ぎちょーーーーー!
竹中半君:明智光君。
明智光君:私は木下藤君の行為を不穏当と認め、公開議場での戒告を望みまーーす!
竹中半君:他に意見はありませんか。ないようなので、採決します。唯今の明智光君の動議に賛成の諸君の起立を求めます。
(明智光君起立。黒田つかさ君着席)
竹中半君:可否同数です。可否同数の時は議長の決する所に拠ります。議長は可とします。よって、本動議は可決されました。木下藤君に懲罰の内容を宣告します。木下藤君を呼び出します。
(木下藤君到着)
竹中半君:懲罰の内容を宣告します。「本院は木下藤君の行為を不穏当と認め、公開議場にて戒告する。」
黒田つかさ君:数の暴力って怖いです。
木下藤君:(マジで言ってんのか。この眼鏡)


次に木下藤君、木下小君、竹中半君、明智光君、黒田つかさ君へ
行きつけの「ネージュ・ブロンシュ」(http://lawproject.starfree.jp/keihousouron/keihouhanreimorinaga.html)と言うのは石畳道の突き当りにあるのですか。「ビルの狭間のガラス窓からアイビー越しにタワーが見えた」(https://www.youtube.com/watch?v=Ym_lPTF5W98 太田裕美「袋小路」)りしませんよね。
もしそうなら行きつけの喫茶店を変えた方が良いです。まさかレモンスカッシュとかありませんよね。
もしそうなら行きつけの店を変更されることを強くお勧めします。
「薄陽の当たる石畳道。突き当りにはあの店がある。ビルの狭間のガラス窓からアイビー越しにタワーが見えた。ぼんやり座る椅子の軋みが遠い思い出呼び覚ますのよ。あなたはレモン一口噛んで「君といるのが辛い」と言った」(出典同じ)「レモンスカッシュの冷たい汗に過ぎた昔が流れて写る。遊び騒いで弾けた日々が、ああ悲しみに透き通って行く」(出典同じ)
友好関係を深めるにはビルの狭間のガラス窓からアイビー越しにタワーが見えるお店は不吉です。
また、レモンスカッシュを出す店も不吉です。
さらに、石畳道の突き当りにある店も不吉です。
どれも太田裕美さんの「袋小路」に出てくる店の描写そのものだからです。
右のことに思い当ったら、行きつけの店を変更されることを強くお勧めします。

次に、徳田新之助君及びワカコ君。
両君には「公務員法等の一部を改正する法律案」に関する活発な意見表明(https://9302.teacup.com/hougakumemo/bbs/2461)(https://9302.teacup.com/hougakumemo/bbs/2477)(https://9302.teacup.com/hougakumemo/bbs/2482)誠にありがとうございました。
さて、令和2年5月8日衆議院 内閣委員会で件の「国家公務員法等の一部を改正する法律案(内閣提出第五二号)」を審議した時のことであります。
立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム及び日本共産党が同委員会を欠席した(https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=120104889X00920200508&spkNum=1¤t=1 第201回国会 衆議院 内閣委員会 第9号 令和2年5月8日 001 松本文明)(同002 松本文明)(071 松本文明)のであります。
特に日本共産党は塩川鉄也君が本会議での質疑で「議題の国家公務員法等改正案の最大の問題は、憲法の基本原理である権力分立を破壊する検察庁法改正案を入れ込んだことです。コロナ感染症対策に全力を尽くすべきさなかに火事場泥棒的に押し通そうなど、断じて許されない暴挙であります。
 発端は、安倍政権が、本年一月三十一日、黒川弘務東京高検検事長の定年について、検察庁法の満六十三歳退官の規定を踏みにじり、国家公務員法の勤務延長制度を根拠として延長させる閣議決定を行ったことです。
 この閣議決定は、一九八一年に国家公務員に定年制度を導入して以来、国公法の定年制度は検察官に適用されないと一貫して示してきた政府見解を投げ捨てるものであり、断じて許されません。
 そもそも、戦後、日本国憲法のもとで制定された検察庁法が検察官の退官年齢を定めたのは、検察官が起訴権限を独占し、時に総理大臣の訴追も行うという強大な権限を持っていることから、検察官人事への政治の恣意的な介入を阻止し、検察の独立性を確保するためです。このことは、一九四七年の法制定時から明確にされています。
 検察庁法の立法趣旨、国公法の政府見解に照らして、黒川氏の定年延長の閣議決定が違法であることは明らかです。
 重大なのは、この違法な解釈変更につじつまを合わせるため、検察庁法を改正しようとしていることです。
 昨年十月に内閣法制局の審査を完了していた改正案は、検察官の定年退官を六十五歳に引き上げ、六十三歳からは役職につかないというものでした。
 ところが、法案は、検察官の役職定年に例外を設け、内閣が認めるときは、六十三歳を超えて、さらには退官年齢も超えて、検事長や次長検事などのまま勤務させることができるという抜け穴まで設けました。
 まさに、内閣による検察人事への露骨な介入を恒常化するもので、許されません。
 安倍総理自身が桜を見る会の問題で刑事告発され、広島地検による前法務大臣らへの家宅捜索のさなかに提出されたことを見ても、本案が政権の保身を図るためのものであることは明らかであります。
 検察官を官邸に従属させ、刑事司法の独立と公正、権力分立を脅かす、国家権力の私物化であり、断じて認められません。
 黒川検事長の定年延長を決めた閣議決定及び検察庁法改正案は撤回すべきではありませんか。官房長官の答弁を求めます。
 次に、国公法改正案についてです。
 本案は、国家公務員の高齢期職員の活用を図り、年金受給年齢との接続のため、六十歳の定年を段階的に六十五歳へと引き上げるとしています。
 六十歳を超える職員の給与を七割に引き下げるとしていますが、政府が給与七割の根拠としている厚労省調査は、再雇用が八割を占めるデータをもとにしています。雇用が継続する定年延長後の給与について、再雇用を参考にするのは、根拠となり得ないのではありませんか。
 きちんとした根拠を示せない給与の切下げは、地方公務員や民間企業の労働者が定年延長した場合、あしき先例になりはしませんか。
 背景には、公務の人員と給与の削減を推進してきた総人件費抑制政策があります。このもとでの定年延長は、給与引下げと新規採用抑制によるいびつな年齢別構成を生み出すことになります。総人件費抑制政策は撤回し、定員管理を柔軟に運用し、必要な定員を確保する仕組みに改めるべきではありませんか。
 また、本法案には、能力や実績に基づいた人事評価を徹底し、給与に適切に反映することを求める附則が盛り込まれました。このような人事評価制度の徹底は、内閣人事局による幹部職員人事の一元管理と相まって、全体の奉仕者としての公務員制度をゆがめ、時の政権にそんたくする公務員を生み出す仕組みになるのではありませんか。」(https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=120105254X01920200416&spkNum=24¤t=4 第201回国会 衆議院 本会議 第19号 令和2年4月16日 032 塩川鉄也)と同法案に強く反発していながら、委員会の審査が始まると欠席する等、理解に苦しみます。
本会議質疑で反対意見を表明していながら委員会審査では質疑をしない。質疑しないどころか出席すらしない。
一体令和2年5月8日衆議院 内閣委員会を欠席した委員達、ことに本会議質疑で全面反対を表明した日本共産党所属委員は一体何を考えているのでありましょうか。
また、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラムにおいても、本会議質疑で後藤祐一君が「立国社共同会派として、この二点について昨年十月の段階の案に戻す修正案を提出する予定です。」(https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=120105254X01920200416&spkNum=24¤t=4 第201回国会 衆議院 本会議 第19号 令和2年4月16日 026 後藤祐一)と表明していながら委員会審査を欠席しています。
本法案審議を通しての立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム及び日本共産党の振舞いはまさしく、国民を愚弄する言語道断の所業であり、実に言論を以て国家と国民に仕えるべき国会議員にあるまじき行為であります。

https://9302.teacup.com/hougakumemo/bbs/2498

 
 

あひあひw

 投稿者:管理人サル  投稿日:2020年 5月30日(土)02時11分15秒
返信・引用
  自己レス…
自分のレスへの修正レスをさせて貰うお。

山城守さんへのレスにおいて述べた

>ここで学ぶべきは同法自体の構造や条文内容ではなく、行政法学上の「登録」という概念
(※ https://9302.teacup.com/hougakumemo/bbs/2490

は「登録」ではなくって「許可」だおね(;^ω^)
文言上は「登録」になっとるけど、講学上の「許可」という法律概念を学ぶ…
と表記すべきとこを間違えとんね。


書込みの編集をしようかとも迷ったけれど、間違えを残しておくことで、次から気を付けねば…
と反省もでけるので、この形にて修正をさせてもらいま(∩´∀`)∩
まま、御質問の回答自体は、前段部分で終わっているので問題はなすかと。









>ワカコさん
養子縁組が「アナタを見捨てないよ!」というメッセージとして受け止められるかどうかは、ちょっとワカんないおね(;´∀`)

養子縁組制度は、特別養子縁組制度と違って
ドチラかというと、養子になる人の為、というより
養子を迎えられる方の為の制度という受け止められ方をされることが多いし…

前回の返信の際にも述べた「家の存続」「老後の御世話」「墓守」…
いずれも養子を迎えられる方の利益を考慮して…のものだおね。
相続権という養子になる方の利益も、これまた述べたように「節税対策」という側面も否めないわけで…



ただ、ワカコさんがいわれたような養子縁組制度の利用例は挙げられるおね。

例えば、刑務所に収監されとる方を支援される目的で養子縁組(あるいは結婚)される方は現実におられるおね。
これなんかは
「アナタを見捨てないよ」
というメッセージが込められているように見えるお。

事実、養子縁組や結婚においては、その姓が変更されることを考えると
実社会において養子(または結婚)になる方の利益はあるわけだかんね。

とはいえ、凶悪事件であれば被害者遺族側の思いもあるわけで…
そういった方々のサイドから見れば…
そのような支援者らによる養子縁組だって
「アナタを見捨てないよ!」というメッセージとして受け止められるかどうかは、ちょっとワカんないおね(;´∀`)
と冒頭の言葉がリピートされるわけでつおね。

まま、人それぞれに環境も事情も異なり、また様々な価値観をお持ちの方がおみえなので…
ともすれば、その直接メッセージを送られる相手方においてさえ、どのように受け止められるかはワカんないおね(;^ω^)



余談だけれどLGBTにおいても養子縁組制度は活用されているおね。
コレは、そもそも立法者の想定した運用だとは思わないけれど…
法が社会で運用されていく中で、その必要性・許容性から立法者の想定を超えて活用されている一つの事例だとは思うおね。










>山城守さん
まぁ、事案は、かい摘んで…って感じだからにゃ。
あたし(サル)のリアリティーは演技に求めるものであって事案の再現性ではないんだお!
等と言ってみるテスト(∩´∀`)∩

まま、メタっぽいこと言えば、あんまり細かい事案の事実を拾っても…
特に判例検討に資するものではないかんね(;´∀`)

まぁ、そのあたりは判例百選の「事実概要」を見て頂ければ
事実のアウトラインのおおよその程度が御分かりになるかと思うお。
 

ワカコちゃん

 投稿者:徳田新之助  投稿日:2020年 5月29日(金)15時49分32秒
返信・引用
  ストロンガーは
もうすぐ終わりやよ
村上弘明さんの
スカイライダーが
始まる予定

ライブマンは
まだ始まったばかりやから
見てみるといいかも

コメント欄で
ワカコちゃんと
会えるといいな

でもYouTubeでは
違う名前を使ってるから
わからないかも
 

Re: (無題)

 投稿者:ワカコ  投稿日:2020年 5月29日(金)13時28分30秒
返信・引用
  > No.2494[元記事へ]

山城守様

似たようなことは聞かれたことありますよ( ´∀` )ノ
「すぐに結婚してくれたのがあなただったから」と回答したような記憶があります(笑)もう少し優しいこと言えば良かったですね(^_^;)
 

Re: ワカコちゃんへ

 投稿者:ワカコ  投稿日:2020年 5月29日(金)13時25分47秒
返信・引用
  > No.2493[元記事へ]

徳田新之助様

ストロンガーのwiki見てみたら、なかなか設定がヘビーですね(笑)
Black RXは石ノ森章太郎氏が手がけた最後のライダーなんですね。
009は好きなんですけど、戦隊モノ馴染めるかしら(^_^;)
子供は寝てる時間なので気が向いたら私が観てみようかなv( ̄∇ ̄)

兄も夫も一切観てなかったんです、ちなみに私も(;´д`)

夫はこちらの書き込みは知らないと思います
でも疚しいことは書かない(つもり)なので別にいいんじゃないでしょうか( ´∀` )ノ
 

(無題)

 投稿者:山城守  投稿日:2020年 5月29日(金)13時17分19秒
返信・引用 編集済
  木下藤君
東京地裁昭和37年1月22日判決(http://lawproject.starfree.jp/kenpousouron/kenpouhanrei175.html)再現の「カクカクシカジカです!」と言っている竹中半君(委員長)の台詞は具体的には「ただいまから議院運営委員会を再開いたします。
 継続審査要求の件を議題に……」(https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=102214024X04919550730¤t=1 第22回国会 参議院 議院運営委員会 第49号 昭和30年7月30日 067 郡祐一)、「休憩……」(同068 郡祐一)ですよね。
会議録から察するに、委員長郡祐一君が暴行を受けたのは「休憩……」(同068 郡祐一)の発言をしている最中と見るのが妥当ですね。
木下藤君の言う「リアリスティック」(http://lawproject.starfree.jp/kenpousouron/kenpouhanrei175.html)を求めるなら再現はこうですね。
竹中半君(委員長郡祐一君):ただいまから議院運営委員会を再開いたします。
 継続審査要求の件を議題に……
木下藤君(議員達):委員長、委員長。異議なし。賛成。休憩休憩。(その他発言する者多く、議場騒然)
竹中半君(委員長郡祐一君):休憩……
木下藤君(暴行を働いた議員):どりゃっこのヤロ!

ワカコ君
ちなみに太田裕美「しあわせ未満」(https://www.youtube.com/watch?v=X8E2_K30XpY)だと「面食いなのにもてない僕を何故選んだの。」というのが出てくるんですが、そういうことご主人から聞かれたことはありますか。

http://lawproject.starfree.jp/kenpousouron/kenpouhanrei175.html

 

ワカコちゃんへ

 投稿者:徳田新之助  投稿日:2020年 5月29日(金)12時33分13秒
返信・引用
  どうも
そうやね
できることなら
藤岡さんの初代ライダーから
見てもらうのが一番かもしれないが
YouTubeで水曜夜10時からストロンガーをやってるので
見せてあげてほしい
その時間だと子供は寝てる時間かな?
旦那はライダーとか戦隊とか見て育ったんじゃないの?
兄貴も見てたんじゃないの?

ちなみにうちの好きなライダーは仮面ライダーBLACK&RX
不朽の名作やと思ってるよ

ところでワカコちゃん
質問やけど
ここの書き込みは旦那はご存じ?
ネット不倫をしてるような錯覚やで
こっちは(笑)
 

(無題)

 投稿者:ワカコ  投稿日:2020年 5月29日(金)10時55分38秒
返信・引用
  徳田新之助様
そうですねぇ、仮面ライダー見せるならいつのがおすすめとかありますか?(;´д`)
今だと特撮はキラメイジャーやってますよね

管理人様
最近プロレスラーの方が自殺されたというニュースを見て、自殺を止めるならどのようなアクションを取るべきなのか?考えていたんです。
相手が異性なら「1回○○(結婚でも可)してからもう一度考えてみない?」って言うのがベストだと認識しているんですが、
それだと同性には通用しないし、そもそも夫を裏切ることになるではないですかぁ。
あなたを見捨てないよ!というメッセージを送るのに最適だと思いついたのが「私と養子縁組してからもう一度考えてみない?」でした。

ただ自殺を止めるのになんの見返りもないのもちょっとヤダ!(>_<)

という訳でこちらで疑問をつぶやかせてもらったんです。
そして結果、私は善行を積むことを諦めた\(???*)/


山城守様
薔薇かレンゲソウか…ですか。(>_<)
花にたとえるなら「ナガミヒナゲシ」を目指しています。

夫との出会いはmixiです( ´∀` )ノ
元々結婚するために出会ったので、出会ったその日に婚姻届を書いて
二度目に会う時に婚姻届を出しました。
なのでデートとかロマンチックなことは一切ないのです(;´д`)

あ、今は持ち家でマンションに住んでますよ?
 

(無題)

 投稿者:山城守  投稿日:2020年 5月29日(金)09時28分20秒
返信・引用
  木下藤君
答弁ありがとうございます。
なるほど。事件当時は登録を拒否する行政主体は「厚生労働大臣」だったわけですか。

次にワカコ君
ワカコ君は「棘のある薔薇」(https://www.youtube.com/watch?v=X8E2_K30XpY 太田裕美「しあわせ未満」)ですか。「レンゲソウ」(出典同じ)ですか。
既婚(https://9302.teacup.com/hougakumemo/bbs/2486)のようですが、一戸建てですか。賃貸ですか。
賃貸の場合は「部屋代のノックに怯え」(出典同じ)たことはありますか。
ご主人との出逢いはやはり「白い夏裸足」(出典同じ)で「声掛け」(出典同じ)られて「名前聞か」(出典同じ)れたのがきっかけですか。
或いはワカコ君の方がご主人を雨が降る中「呼び出してみたりした」(https://www.youtube.com/watch?v=ELOVsKYoZvY&list=PLUOYl8OJ8u2Sem5m9NC5U9q1x_WcuUQ9I 太田裕美「雨だれ」)のですか。
交際中「お嬢さん、言ったじゃないか。愛なんて虚ろな夢さ。」(https://www.youtube.com/watch?v=KesZtV48kB0 「失恋魔術師」)とか言うおじさんに出会いませんでしたか。

https://9302.teacup.com/hougakumemo/bbs/2490

 

おつんこ、おつんこ!

 投稿者:管理人サル  投稿日:2020年 5月28日(木)22時39分52秒
返信・引用
  >ワカコさん
養子縁組の御質問なんて、あんまり想像つかなかったんで気になったんだおね(;^ω^)
なんか論点あったかなぁ?
特別養子縁組のことなのかなぁ?
と、少し考えてもぉたくらいだかんね。


まま、なかなかに変化球な御質問…ゲフンゲフン!
もとい独り言ですたお。


サイト・動画共に更新絶賛停滞中で誠に申し訳ごじゃいません!(∩´∀`)∩










>山城守さん
ストロングライフ事件は、昭和56年の判例だからねぇ(;´∀`)
(第一審に至っては、さらにソレから6年も遡るわけだし…※東京地判昭和50年6月25日)
そりゃ法律等の改正もあるわけだよねぇ。

この事件当時の同法5条は、以下のものだお。

『(登録基準) 第五条
 厚生労働大臣、都道府県知事、保健所を設置する市の市長又は特別区の区長は、
毒物又は劇物の製造業、輸入業又は販売業の登録を受けようとする者の設備が、厚生労働省令で定める基準に適合しないと認めるとき、
又はその者が第十九条第二項若しくは第四項の規定により登録を取り消され、
取消の日から起算して二年を経過していないものであるときは、第四条の登録をしてはならない。』

んで、コッチが山城守さんが挙げられた現行法。

『(登録基準) 第五条
 都道府県知事は、
毒物又は劇物の製造業、輸入業又は販売業の登録を受けようとする者の設備が、厚生労働省令で定める基準に適合しないと認めるとき、
又はその者が第十九条第二項若しくは第四項の規定により登録を取り消され、
取消しの日から起算して二年を経過していないものであるときは、第四条第一項の登録をしてはならない。』

ということでつ。
一目瞭然のことと思われるので、これ以上の不要な説明は割愛しまつ。




これはあくまでも当時(昭和)の同法を根拠とした事案の紹介であるわけで…
そして、ここで学ぶべきは同法自体の構造や条文内容ではなく、行政法学上の「登録」という概念であるので
その上では、当該判例は昭和のものではあるけれど、今も生きているということで紹介させてもらったつもりだお。

関連法令や法律等の改正等はあることなので…
サイト勉強会記載の記事が現行法と照らしてって話になってまうと
絶えずアップデートしないといけないことになってしまうわけで(;^ω^)
まぁ、そんなことはとっても出来ないおって話だおね。

そのあたりは免責事項での説明の通りでつ。
(※ http://lawproject.starfree.jp/menseki.html
以下引用。

『判例紹介につきましては、判例再現において、事実誤認があるところもあるかとは思いますが
 アウトラインは抑えていると思いますので、そのおつもりでご覧いただければと思います。
 判例の事案・判決文、共に、その正確性については保障致しかねます。
 極力、正確性については保持すべく努めておりますが、管理人の未熟さ故、至らぬところと御容赦ください。』


改正法等への対応はすべきだとは思うけれど…
ただソレを言い出すと民法なんかは顕著に改正前だし…
錯誤(民法95条)なんか、そもそも殆どの論点が条文によって明文化されとるくらいだからにゃぁ(;´∀`)
もうえらいことになってまうかんにゃぁあ。
 

レンタル掲示板
/246