teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(10)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


うきょきょきょきょ!

 投稿者:管理人サル  投稿日:2018年 4月29日(日)22時07分46秒
返信・引用
  >himajin100000さん
ぅわぁ~い(∩´∀`)∩
動画の御感想って初体験なだけに嬉しいおね(≧▽≦)
ありがとにょす!

あのアホ(アホの管理人)が制作しとるわけやないんで・・・
どんな動画になんのか、とか、声優さんの台詞とかには、実際見るまではワクワクしてたかんね!
個人的には、すっごい満足だったんだけど、サイトに来て下さっている方はどうなのかなぁ?
って気になっちゃうとこはあんおねぇ。

そだね、そだね。
サイトの勉強会(憲法第1回)をベースに動画化したものなので・・・
まま、踏襲って言えば踏襲になんおね。

例えんなら鬼太郎第6期みたいな・・・
過去シリーズを踏襲しての新シリーズ・・・的な?w
なんか全く上手いこと例えられてないよ? 的な?w
最早「的な?w」言いたいだけじゃない? 的な?w

表情アイコンと言えば
『条文が何処にあるのかヒント頂戴よぉぉぉ!』
に至っては、どんだけヒントが欲しかったの? あたし!?
ってな勢いを感じてまうおね(;´∀`)

小悪魔アイコンは、追加の人気投票結果発表が停滞前の最後の更新になったせいで
陽の目の当たらないアイコンだっただけに嬉しかったお!
悪い顔しとるアイコンだと旧アイコン(上図)もあったんだけど・・・
この顔は流石に悪企みし過ぎな印象あるおね・・・(;・∀・)

説明の仕方は人それぞれだおねぇ。
himajin100000先生だったら・・・って、それぞれのカラーが出そうだおね。
同じ論点を、別の先生からそれぞれの講義を受けると思いの外アハ体験できちゃうことあったりするもんね!

御感想をお聞かせ下さり、ありがとにょす!(∩´∀`)∩
 
 

Re: よほほい、よほほい、よほほほいのほい!

 投稿者:himajin100000  投稿日:2018年 4月29日(日)18時39分36秒
返信・引用
  > No.1768[元記事へ]

さっそく視聴してきた。

基本原作初期を踏襲したものだが、初期から増えたベビーサタン立ち絵が挿入されていてクスッと笑った。

#今の自分だと説明足すかな、と思うところもあるか。
## 96条の対比に56条2項も持ってくるとか










.
 

よほほい、よほほい、よほほほいのほい!

 投稿者:管理人サル  投稿日:2018年 4月28日(土)23時43分3秒
返信・引用
  じゃっじゃじゃぁぁーーーんっ!(≧▽≦)

遂に、あたし達の勉強会の動画が完成しちゃったお!(∩´∀`)∩
記念すべき動画勉強会の第1回が、今夜、Youtubeにアップされちゃったんだおね!

ウキッ!
マヂでしゃべっとるお!
そして動いてんお!
あたしの声・・・
こんな声なんだぁって思った方はいるのかな?
その気持ちは、あたしも抱いた気持ちだからシンクロしちゃうじゃまいかw

動画を見られての御感想や御意見等は、ツイッターでも、youtubeでも、そして勿論この掲示板でも・・・
どこでも聞かせて欲しいんだお(*´▽`*)

まま、技術的な問題や制作上の問題やらで、せっかく頂いた御意見や御感想が反映出来ないってこともあるとは思うけど・・・
ソレでも貴重なコメントとして大事にするって気持ちはあっかんね!!


ってなわけで恒例の宣伝しとこっと(∩´∀`)∩
勉強会動画化計画の先行情報等をお知らせするツイッターは
https://twitter.com/lawmovieproject

そして動画が見られるYoutubeは
https://www.youtube.com/channel/UCA9h6oEb3en-sNgFwg6aMfg

だお!
 

そだそだw

 投稿者:管理人サル  投稿日:2018年 4月22日(日)12時28分0秒
返信・引用
  動画の先行公開がツイッターに上がってんお!(∩´∀`)∩
な、な、なんと遂に「あたし」そして、ついでにあの「金満」の肉声が!!
ががががががががががっ!!!!
括目すべしべしべしべし!!
(「声」を「括目」ってどうなんかにゃ?(;´∀`))

勉強会動画化計画の先行情報等をお知らせするツイッターは
https://twitter.com/lawmovieproject

だお!
と、今日も今日とて宣伝する、あたしであった、まる
 

おつんこ、おつんこ!

 投稿者:管理人サル  投稿日:2018年 4月22日(日)12時25分16秒
返信・引用
  >トンプソンさん
国家試験のみならず、ロシア語の試験にまで挑戦とはスゴいお!
ロシア語なんて、むぅぁ~ったく専門外で、いまだ人生において学んだことさえないから尚更だお。
なんでまたロシア語を学ぼうと思われたのか気になるくらいだお。

ちなみにだけど、アホのお友達の方が、ウラジオストクに遊びに行ったお土産にロシアン帽を買って来てくれたんだけど・・・
ナニこのものごっつい帽子は・・・(;´∀`)
と、ろくすっぽ使わずにいる間に、もう5月になろうとしているわけで・・・


行政法の勉強をする上で、憲法の教科書を手元に・・・
ってことは、あのアホの経験上はあまりイメージ湧かないみたいだお。
ただ、共に公法なわけだし、事実、公法学会では憲法学者と行政法学者は一緒に研究発表してっから・・・
個人的には手元に置いておくべきだとまでは思わないけれど、パッと読みたいときや確認できるように傍にあると便利だとは思うお。

行政法をやる上で重要なこと・・・
むむ・・・なんかすっごく漠然としてっけど、行政法って法律自体は存在しないわけで(∩´∀`)∩
新司法試験では、毎度、行政手続法や行政事件訴訟法を中心として、試験の事案に対応した個別法として
建築基準法だの都市計画法だの風俗営業法だの時には条例や規則なんかも出されるわけで・・・
じゃあ、これらの法律や条令を受験生は、網羅把握してんのか?
ってなると、とんでもないってわけで、つまりある事案の問題を解決に導くに足る行政法の基礎的な知識をもって対応してんだおね。
この基礎的な知識を学ぶことが行政法の勉強においては重要ってことじゃまいか?


中田投手は、中日から西の金満ことソフバンに移籍した投手だおね。
移籍後の成績を見る限りだと、中田のFAは大成功って印象を受けるにゃぁ。
荒れ球のピーを評して「暴れ馬」って言葉があるけど、狙い球を絞らせないってのは強みだおね。
あたしは、あんま藤浪投手については詳しくないんだけど、藤浪投手も、このスタイルなんかにゃ?
あたしの印象だと、制球力の割には強気に内角攻めしてくるピーって印象だったんだけど・・・(;´∀`)

まま、広島ファンにとっての藤浪は入団から広島戦には滅法強い嫌ぁなピッチャーっだったんだおにゃぁ。
黒田の漢気洗礼以降は鳴りを潜めてもぉたんだけど・・・(;^ω^)
ええ試合は、ええ選手同士のええプレイのぶつかり合いから生まれるものなので、藤浪選手にも復活して貰いたいおね!
 

憲法と行政法

 投稿者:トンプソン  投稿日:2018年 4月22日(日)02時50分36秒
返信・引用
  お久しぶりです。
国家一般の受験勉強と並行して、ロシア語検定4級の勉強も並行してやっておりますトンプソンです。
公務員試験の憲法の演習をやっていて気づいたことは、問題がえらく簡単にできることです。
憲法のしくみについて聞く問題はまだしも、事例問題においてはⅠ種や総合職試験の問題であっても、重要判例の合憲・違憲をチェックしておけば解ける問題ばかりといった印象が強かったです。(Ⅰ種や総合職はその分判例がちょっとマニアックだったような)
例えば「薬局距離制限事件は~合憲である」などといった書き方がなされているので、それだけで選択肢が絞れちゃうような風になってましたね。

さて、本題に入りますが、公務員試験の科目にもある行政法を現在履修しているのですが、(去年落したけど)配布されたレジュメに書いてあることが、憲法の過去問の問題文で言っていることとかなり似ていました。
特に特別権力関係についてはその点が顕著でした。
そこで質問なんですが、行政法をやる上で憲法の教科書は手元に置いておくべきでしょうか?
また、行政法をやる上で重要なことは何でしょうか?

P.S
藤浪選手、どうしたんでしょうね・・・?
ヤクルト戦では7回1失点と好投したんですが・・・
僕は藤浪選手はあんなザマで終わるような選手ではないと確信しているので、早期に復活を果たしてほしいです。
まだ開幕直後なんで復調に期待したいですね。
今年こそ・・・今年こそは・・・!!
(昔中日にいた中田投手みたいに暴れ馬のピッチングスタイルでいけばいいと思ってる)
 

あうあうw

 投稿者:管理人サル  投稿日:2018年 4月21日(土)11時29分28秒
返信・引用
  >himajin100000さん
昨日の試合は勿体なかったねぇ。
連勝街道も、ちょっと一休みってところだおね(;´∀`)

レンレンコンビ(クリアレンと中田レン)は広島の大事な中継ぎ投手陣を支えてくれとる選手だから・・・
昨日みたいな展開になったら、早目に降ろしてあげて傷口を広げないで上げて欲しかったんだけど(´;ω;`)
ちょっとヤクルト戦(延長サヨナラ勝ち)での中継ぎ陣の疲弊があったんかにゃぁ?
今季は先発陣の不調が目立つせいで、自然中継ぎ陣への負担も増しとるんで・・・
緒方監督も、ちょっと出し惜しみしてもぉたんかもね。

昨日の試合だと、中田廉は残念だったけれど・・・
それ以上に藤浪晋太郎(阪神)の残念さが際立つおね(´;ω;`)
『よくない晋太郎が出た。』
って金本監督の談話にあったけれど・・・「ええ真太郎」なんてここ丸1年見てない気が・・・
無期限2軍が決定しちゃったみたいだけど、藤浪は日本を代表する投手の1人だと思ってるんで復活を期待してんお!
 

(無題)

 投稿者:himajin100000  投稿日:2018年 4月21日(土)03時35分34秒
返信・引用 編集済
  中田廉(...ぱたりorz)  

おつんこ、おつんこ!

 投稿者:管理人サル  投稿日:2018年 4月19日(木)06時29分33秒
返信・引用
  >ダニエル豚吉さん
桜の季節も過ぎて新学期が始まってるおね(≧▽≦)

ほむほむ、行政法の話みたいだにゃ。
行政法の勉強会は、途中(行政裁量の終わったところ)で止まってて・・・
その後の更新が停滞しとるとこだおね(´;ω;`)

ダニエル豚吉さんの御質問は、行政処分という論点の中で検討される問題なんだおね。

まま、先の説明のとおり、まだサイトの勉強会はそこまで到達していないので(;´∀`)
サイト勉強会の内容を離れた御質問ってことで、基本スタンスとしては御遠慮することを御了承をば・・・
ってことになってまうんだけど。

himajin100000さんから期せずして、相当の熱量を感じる書込みを頂いてしまったので、ちょっとだけ説明しとくことにすんね。
ただ、掲示板で説明するのは、あまりに言葉足らずで・・・
また中途半端になってまうのも困るので必要最小限ってことで御理解くらはい。

行政活動によって権利利益を侵害された国民の救済には様々な制度があるおね。
いかなる行政活動によって、いかなる権利利益が侵害されているのか・・・
によって、とるべき、またとれるべき行政救済制度があるわけで・・・
これらの制度は幾つかあり、またそれぞれの訴訟要件も異なることから、その理解を問う問題として訴訟選択って論点があるおね。

ってなわけで先ずは前提として、行政救済制度の内容を学ぶ必要があって・・・
この行政救済度の中にある行政訴訟。
そして、その行政訴訟のうち主観訴訟の抗告訴訟。
んでもって、この抗告訴訟の中でメインとなる問題がズバリ取消訴訟。
この取消訴訟ってのは、行政活動の取消を求める行政訴訟で、ある行政活動を対象に訴訟が提起されるわけなんだけど・・・
この行政活動ってのは全ての行政活動が対象になるのではなく、行政処分のみが対象になるわけなんだおね。

この取消訴訟の対象となる行政処分の範囲が問題になるわけなんだけど・・・
実体的行政処分のみが対象となると考えるのか、それともそれ以外のもの(形式的行政処分)も対象となるのか・・・
という問題なわけだおね。

具体的に例を挙げると・・・
条例等の制定行為。
行政指導等の事実行為。
サイトの勉強会でちょっと触れた通達等の行政内部行為。
http://law.webcrow.jp/gyouseihou/gyouseihanrei57.html
これらの行為は、いずれも実体的行政行為ではないんだけれど。
その一事をもって取消訴訟の対象から除外するのか・・・
はたまた取消訴訟の対象として争わせることを認めるべきなのか・・・
という問題を、判例等を通じて学んでいこう!
って勉強で学ぶことなんだおね。

処分性の問題は、司法試験の問題でもよく問われる論点なので・・・
難しい問題でもあるし、またしっかり学ぶべき問題でもあるおね。
だからこそ、あまりザックリとした説明には不向きだと思うので(;´∀`)
ちょっと掲示板での説明だと、これくらいになっちゃうかにゃぁ、と。

いずれの時にか行政法の勉強会を通じて、これらの問題についても一緒に学ぶ機会を得られれば・・・
という気持ちはあるんだお!!
ホントなんだお!!(´;ω;`)
と、いつの間にかあたしまで、あの金満女みたいな「やるやる詐欺」を働く一味になっていることに気付くのであった、まる










>himajin100000さん
ホゲゲゲゲゲッ!!
あたしに採点を依頼とか、それなんていう無茶振り!?
って話だおね(;´∀`)

しかし、無茶ぶりされて逃げるのも、あまりに残当過ぎる気がしちゃうじゃまいか。
あと、ここまでの熱量をもって挑んで下さったhimajin100000さんの想いから逃げてええものか? って気持ちもあんおね。
ってなわけで、無茶振りされとる以上、無茶な結果となることもhimajin10000さんは想定されとる・・・
という前提で、その無茶ぶりに応えちゃうお!(∩´∀`)∩

うんとね、コレはhimajin100000さんのええとこで、また悪いとこでもあるんだけど・・・
定義が明確に示されていないんだおね。
例えば、冒頭から再三述べられとる「法律行為」なんだけど・・・。
この言葉の定義を、自分の言葉で説明されてみえるんだけれど、そのせいか少し言葉が正確でなくって
結果、定義そのものが曖昧になってまっとるんだおね(´;ω;`)
んで、定義が明確に示されていない為、その後一つ一つを縷々説明する必要が生じて述べていくことになってんだおね。

ただ、ある言葉を自分の言葉で説明することは、その言葉を深く理解しているからこそでけることだし
その試み自体は、物事を理解する上では大事な姿勢だと思うんだお。
だから、このこと自体はええとこだと思うんだおね。

判例の文言を暗記してたり、論文で忠実に再現しているんだけど、その意味するところを理解していない・・・
なんて悲しいことは往々にあって、ソレは論文の当て嵌めってところで露見したりしちゃうんだおね(´;ω;`)
よく論文問題では当て嵌めが大事って言われるのは、理解の有無、深さが、その当て嵌めに出てまうからだおね。
定義や規範を、まるまる暗記して理解したつもりでいると・・・当て嵌めでえらいことになってまうってのは、あのアホのあるあるでもあるわけで。
あ・・・なんか目から水が・・・(´;ω;`)

えーっと、準法律行為的行政行為については勉強会で説明済みだったりして(;´∀`)
準法律行為的行政行為とは、効果意思はなく、いかなる法効果が発生するかが、根拠法によって定められているものをいうんだおね。
http://law.webcrow.jp/gyouseihou/gyouseihou11.html

具体例も、当該勉強会において列挙されてたりして(;^ω^)
再掲載しとくと
準法律行為的行政行為には、確認、公証、通知、受理が挙げられるね。
http://law.webcrow.jp/gyouseihou/gyouseihou11.html

行政事件訴訟法の問題については・・・
まだ勉強会もやってないし・・・
あまり中途半端な説明は、かえって誤った理解を招く懸念もあるので・・・
掲示板では上記のダニエル豚吉さんへの説明に留めるってことで許してくらはい(´;ω;`)

因みに余談になるんだけど「ゲリマンダー」って言葉は、恥ずかしながら知りませんですた。
グーグル先生に聞いて、すっごい勉強になりますた(/ω\)
語源にまさかのサラマンダーが登場して、あたしもコレにはビックリΣ(´∀`;)!
そんなわけで印象深い言葉になりますた。
間接的に教えて下さったことに御礼を述べさせてくらはい。
 

試しに解いてみた。採点依頼

 投稿者:himajin100000  投稿日:2018年 4月18日(水)14時47分28秒
返信・引用 編集済
  【自信なし。信頼しないように。】

藤さんに採点をこっそり依頼してみる。

「使おうと思って使う」「作ろうと思って作る(契約など)」「消そうと思って消す」って形で物権や債権を使うのが『法律行為』
光さんが藤さんに貸した100万円を、「返せ」って要求するのは債権の行使で『法律行為』

で、債権や物権変動が意思に基づかずに生まれたり消えたりすることがある。(わざと傷つける場合もあるにはあるが)

不法行為で債権が生まれること自体は、債権自体を作ろうと思って作ったことじゃないから不法行為自体は法律行為じゃない。
ただし、不法行為によって生まれた債権を行使して加害者に請求することは法律行為。

被相続人の死によって開始する相続は自分の意志に基づかないから法律行為じゃない。ただ、単純相続にするか、限定相続にするか、相続放棄をするかの決定は法律行為。

「いついつまでにお金を払わなかったら契約解除するつもりだからね」は契約を解除はしてないから法律行為じゃない。契約の解除自体は法律行為。

他人に対する債権の免除も法律行為。

法律行為を本人に変わって代理するのが代理人とか、業として有償でやるなら弁護士。弁護士は「約束を取り付ける」「本人に代わって請求する」のが基本。

ラーメン店にラーメン作ってとお願いして契約するのは法律行為だが、店主がラーメンを作ること自体は法律行為じゃない。

で、「法律行為」を自分の代わりに他人にお願いするのが委任で、「法律行為じゃないこと」を依頼するのが準委任(とか請負)。

「いついつまでにお金を払わなかったら契約解除するつもりだからね」は解除そのものじゃないから法律行為じゃない。じゃないけど、契約解除を発生させる効果を持つので準法律行為。

#あれ、不法行為って準法律行為?

#そういやあ、「準」って表現は「共有(所有権)」「準共有」あたりでも似たような話があったな。
#抵当権者が死亡して複数の相続人がその権利の持分を有するパターン。
#あと、土地となんかがくっついて離れなくなって、従物は主物の処分にしたがう…けど、それが法律行為であったかどうかで詐害行為取消権の対象になるかどうか云々が問題になるやつとか考えてみるのも結構内容の理解に役立ってる(あってるかはわからんが)

##え、準占有?あーあー聞こえなーい
==============
民法は、双方の合意が前提で、その条件は交渉によって変えられるけど、
「運転免許を与えるかどうか」とか、「宅建業免許を与えるか」は法律や条例に書かれた条件に基づいて、
例えば都道府県知事とかが「よし、こいつに許可与えよう」と考えて許可を与える、という行為を一方的に強権的に行政が決めることができる。ここが民法と行政法の大きな観点の違いだと思う。
この際、許可を与えるかどうかを「都道府県知事が意思を持って決定して」与えている。

多分準行政行為(準法律行為的行政行為と同じものだよね?)は、上記の準法律行為のように、『それ自体は直接行うわけではないが、結果的に影響を与えるもの』ってのがあるんだと思う。具体例わかんないけど。
==============
行政法の重要な観点に『一方的に強権的に決める』ってのがあるって言った。
当事者複数人が争ってて、埒が明かないから仲裁してほしいってこともあると思う。複数の当事者が、「行政さん間に入って利害調整して」とかお願いする。
この場合行政が関わっているけど、『一方的に決めているわけじゃない』じゃん。だから見かけ上行政が決めたように見えるだけですよ、という扱いにしていてそれが『形式的行政行為』じゃないかな、と思うんだよね。

だからそれ以外の『一方的に強権的に決める』要素があるものが、一般人に救済手段を与えたい本丸『実質的行政行為』じゃないかな?
======================================
…ところで、行政事件訴訟法の概念も自信ないから、採点を押し付けてみる。

行政は基本的に法令の範囲内で裁量権を行使する。

危険運転には罰金と免許停止が課されるとかって書いてあったら、反対解釈で危険運転をしてなければ免許停止になったり罰金課せられたりしない。
危険運転してないのに、危険運転したって判断をくだされて免許停止の決定がなされたら、その行政の行為は違法なのだ。運転者は不満をぶちまける。

一方、http://9302.teacup.com/hougakumemo/bbs/1753 でも述べたけど、

「この車三人乗りだから管理費払っているけどのび太は乗らせん!」という条例が議会の多数決で決まったとして
基本的に行政は条例違反できないから、管理費払えって言ってくる。
コレ自体は正当なんだけど、そもそも条例がおかしいぞ!という話をする。

前者が抗告訴訟、後者が当事者訴訟。どちらの場合も「運転者」や「のび太」という「直接の被害者」がいる。
郵便法免責規定の違憲性なんてのも当事者訴訟の部類だと思う。
#『審判はアウトって言ってたけど、走者のホームインが早かった。セーフだろ』『コリジョンルールはなくすべき』
#同じように発生する問題が、学問が違うと別の用語が割り当てられるパターンで、憲法の話だと「法令違憲」とか「適用違憲」とかそういう用語になるのかな。

形式的当事者訴訟は「条例がそうなっている」ことが論点だけど、被告を特定の人にしないといけない、とかそういう手続き的なものである場合や上記の仲裁タイプで、
のび太のような場合が実質的当事者訴訟。

一方、選挙のゲリマンダーみたいに、自分に投票権が与えられないとかいうような「直接的な被害者」ではないから自分が代表ヅラできないけど、制度全体としてゆがんでいるよね?というような場合に用いるものが民衆訴訟…かな?
 

レンタル掲示板
/183